2008年9月6日嵐渓の巴川清流で水遊び
愛知県でも屈指の紅葉スポット香嵐渓
もみじは、香積寺11世の三栄(参栄)和尚が、江戸時代の寛永11年(1634)に植えたのがはじまりといわれています。三栄和尚は、美しい自然を、より美しくとの願いをこめて、巴川沿いの参道から香積寺にかけて。楓、杉などを、般若心経を1巻詠むごとに、1本1本植えていきました。 その後大正から 昭和の始めに住民の手により植えたされ、現在の景観を誇っています。

巴川の清流は、水遊びに格好の場所。巴川は、夏の風物詩・アユ釣りの盛んなところで、アユを採る簗がかかり、少しずつ秋の気配を感じる頃、ひめちゃん、倫ちゃん、Stillの3ゴルで遊ぶことになりました。

ひめちゃん、はじめての川遊びっ! Still、レトリーブが上手くなりましたー(*^_^*)
すーちゃん、跳ねてる?? 倫ちゃんとママさん、気持ちいいですか?
ひめちゃんも、倫ちゃんもマイペースで楽しんでましたよ。水温も丁度よかったです。
味噌だれの味噌も手作りの五平餅、鮎の塩焼き、山菜そば季節の小皿がセットになった「桧定食」など、山里の味を楽しめる食事処。
桧茶屋(ひのきちゃや) 桧定食
日中はまだ残暑が厳しいですが、山の緑陰に入ると風が心地よく、森林浴には持って来い
自家焙煎コーヒーの喫茶 堅香子(かたかご)*かたかご=カタクリの花の万葉名*三州足助屋敷で生産している樫の木の炭を使用して店内で焙煎する香り高い珈琲を中心に、伊那りんごのストレート果汁100%ジュース、体にやさしい梅みつジュースや柚子ドリンクなど。手作りクッキー(プレーン&おから)など菓子類もあります。人気は川を眺めるテラス席。おいしいお茶をいただきながら人もワンコもゆったりとしたひと時を過ごしました。
倫ちゃんは、本当におとなしい〜〜〜いい子! 橋の上から、「あそこで泳いだね〜」と歓談中?
名残惜しいですが、帰りの時間です・・・ ひめたん、倫ちゃん、今日はStillと遊んでくれてありがと!また行こうね・・。