Stillのこと


これからワンコと暮らす方々にも参考になればと思い書かせていただきました。

2011年9月26日夜に、へそ天で気持ち良さそうに寝ていたSTILLを主人が見てビックリ。

その口元にレバーの瘤の様なものがのぞいています。不安で眠れませんでしたが翌日27日、

すぐにかかりつけの獣医に連れていきました。食欲もあるし、元気だし何も心配してなかったのに

STILLの左前方の上顎の歯茎に塊が確かにありました。

院長にすぐに紹介状を書いていただき岐阜大学動物病院にFAXして何とか10月4日に予約を

取っていただきました。待っている1週間は本当に長く長く感じました。

大学病院では、問診のあと全身麻酔でCT検査と病理検査の為に細胞切除をしました。

結果は、『扁平上皮癌』という皮膚がんの一種で悪性腫瘍と診断されました。

骨の溶解、鼻腔にも浸潤がみられ、切除は考えにくいとのことです。本当に本当にショックでした・・・。

しかしこの癌は、比較的内臓への転移は少ないとのことでした。

岐阜大学の担当医とも長い間話をさせていただいて、私たちの話も質問も本当に親身になって聞いて

くださり、またわかり易く説明してくださいました。落ち着かないと・・と思いながらも、この時の気持ちは、

言葉では言い表すことができません。その後、色々な方々の経験、知識をおききしたうえで、

家族で何日もかかって話し合い、大好きなSTILLの「今の幸せ」を考えてあげようと緩和治療の選択を

することを決めました。

犬は人間のように過去のことをくよくよしたり、未来のことで悩んだりしません。

常に「今」を生きています。STILLの前では私たち家族は涙を見せないよう努めています。

癌の進行を抑える効果の食材を使い柔らかいご飯にして免疫力をあげ体力をつけることに重点を置いた

食事にしています。食べにくい感じもなく、ご飯を美味しそうに食べてくれています。

STILLはすごいねと褒めてやります。笑顔でたくさん話しかけてあげます。

どんな病気でも笑顔が病気に打ち勝つ一番の薬だと信じてます。

私たち家族が落ち込んでいたのでは、STILLも悲しいと思います。

私たちが後悔しないように何かをしなくてはというのではなく、STILLが幸せな気持ちで日々を

過ごせるように何ができるかを考えていくことにしました。

見落としがちな前歯あたりも日頃からのチェックが大事です。

リンパや体は触ってたのに、ここだけはわかりませんでした。

STILLをかわいがってくださっている方々に本当に驚きとご心配をおかけすることをお許しください・・・。

このHP(ブログ)を通して、たくさんの方々に出会いました。たくさんの励ましのメールやお電話、書き込みを

いただき心から感謝しています。

大切な『今』に心から感謝して1日1日をSTILLと楽しく過ごしていきたいと思っています。

アメリカ人の友人が教えてくれました。犬の一生は、短い、長いより、生きている間にどれだけ愛情をもって

一緒に暮らせるかなんだよと。犬は幸せな経験、思い出は決して忘れることはないそうです。



STILLに変化が出ています。

現在も2週間に1度の血液検査をしています。

11月半ばごろまでは腫瘍に少しでも当たると鮮血がポトポト落ちます。手足をなめて体中真っ赤に

なります。それを拭いてやりながら、不安でいっぱいになりました。でも食欲、元気はあります。

赤血球が減りだし、鉄剤を飲むと凄い下痢をします。鉄剤はすぐに止めて、止血剤を飲み始めてからは

驚くほど出血が減り、生活も随分変わりました。

がんの抑制剤のせいか、白血球もどんどん数値が下がります。免疫力をつけるため、お友達にペットの

食育士のお知り合いがいらして、その方に免疫力をUPする食材を教えていただきふやかした少量の

フードに手作りフードをかけています。きのこ類も忘れずに。大喜びで食べています。

昨年最後の血液検査では白血球も正常値の数値になりました。

薬や食事、楽しいことをする・・たくさんの方々の祈り・・

色々なことがパワーになってSTILLを守ってくれているのだと思っています。

SURFにも守ってもらってます。

1月11日の血液検査の時は、盛り上がっていた腫瘍が随分小さくなっていました。

これが…このまま続きますように。心の底からそう思います。

その後、お陰様で2月6日の受診では止血剤はもう飲まなくていいですねと言われました。嬉しい!

最近は出血もほとんどありません。患部も歯が見えるくらい小さくなっています。

食事も、がんや腫瘍に症状緩和・予防効果のある食材(ビタミン・ミネラル・EPA・DHA・食物繊維)を

使い、あきらめない!という強い信念をもち、STILLの腫瘍をやっつけたいです。

生かされていることに感謝しながら・・・・・・。










  岐阜大学動物病院待合室

  
              2011年9月27日                2012年2月17日